就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

面接で海外経験をアピールをするうえでの3つのポイント

留学経験を就活の面接で語る時は苦労話を話した方がいい|海外経験をアピールをするうえでの3つのポイント

 

グローバル化に伴い、海外生活の経験がある就活生、
留学生の積極的な採用活動を日本企業はしています。

 

 

大学側もそれを知っていますから、
学生に対して留学の促進活動をしているところもあります。

 

 

ある大学では、
留学が卒業までに必須という学部もあるそうです。

 

 

そんなグローバルな人材を求められる時代になり、

 

国際化!海外展開!

 

と言われる割には、日本企業の内部は、
そこまで昔と変わっていないという問題もあります。

 

 

そのため、海外経験を就活で語る、特に面接でアピールするうえで、
気を付けなければならないことがあります。

 

 

特に日本企業は泥臭い挑戦的な人材を求める傾向が
ありますので、

 

苦労話をした方が良い等、けっこうめんどくさい
ことが多いです。

 

 

海外経験アピールを語るうえでの3つのポイントを
お話しします。

 

 

海外経験を自慢し過ぎない

まず、一つ目のポイントとして、
海外経験をあまり自慢し過ぎないようにしましょう。

 

 

せっかく留学したんだから、それを語らなくてどうするの??

 

と思う方もいますよね。

 

 

しかし、ポイントは自慢ではなく、海外経験を
語るということです。

 

 

自慢というのは、どういう意味なのかというと、
上から目線で話をしてしまうことをここでは指しています。

 

 

日本の企業というのは、上下関係に凄く
厳しいです。

 

 

基本的に上司の言うことは絶対で、
それに従っていくという文化がどの企業でもあります。

 

 

この自慢を実際の会社で当てはめていくと、

 

海外経験が無い上司に対して、

 

「私は海外経験もあって英語が話せるけれど、
あんたは話せないよね〜」

 

 

みたいな感じで話したとすると、
間違いなく、嫌な部下というイメージを持たれます。

 

 

就活の面接同じです。

 

 

留学の経験を語るのは凄く良いのですが、

 

留学経験を上から話すと自慢に聞こえてしまうので、
語り方には十分注意しましょう。

 

 

結果や成果ではなく苦労話を語ろう

二つ目のポイントは結果や成果ではなく苦労話を語る
ということです。

 

 

日本企業では成果や結果以上に、
それを出すまでの過程、プロセスを非常に重要視する傾向があります。

 

 

そのため、就活の面接でも、

 

こんな凄いことができた!

 

というよりも、

 

〜に凄く苦労して、もうダメかと思って・・・
でもこんな方法でなんとかやり遂げた!

 

 

という方が面接官の心を掴みやすいです。

 

 

海外、特に欧米では仕事は結果が評価され、
採用選考でも結果もとに評価されるようなかたちです。

 

 

そのため、留学生は日本企業の面接でも
結果ばかりアピールしてしまう面接になる傾向が多いと聞きます。

 

 

○○することができた!という結果を出すのも重要ですが、
その結果を出す過程で、

 

どのような苦労があり、どう乗り越えたか?

 

というところが、面接官が最も知りたいところなので、
そこを意識して面接に挑むようにしてください。

 

 

海外の凄い大学を卒業しているにも関わらず、
日系の企業で内定がもらえないという人に多いのは、

 

面接で結果ばかりを主張されて面接官が引いてしまっている
ということもあります。

 

 

体験談を語る時に、苦労話し、泥臭さは
かなりポイントになってきます。

 

 

留学経験の苦労話をちょっと自己アピールに加えるだけでも、
面接官ウケするようになります。

 

 

現在、面接でなかなか上手くいってい無い方は、
試しにしてみてはどうでしょうか?

 

 

日本企業に溶け込めるような雰囲気を出そう

三つ目のポイントは日本企業に溶け込めるような
雰囲気を出すことです。

 

 

日本企業は海外でも通用するような、
バリバリ主張する人材を求めているのですが・・・

 

 

日本独特の空気を読める人ではないと
ちょっと実際の採用は・・・

 

となることが多いです。

 

 

これはかなり難しいポイントです。

 

 

多くの日本企業がグローバル化!グローバル化!
と言っているにも関わらず、

 

企業体質、企業の内部は、
まだまだコテコテの日本企業が多いです。

 

 

職場では空気を常に読んで気を遣いながら
仕事をしなければならないし、

 

日本独特のガチガチの上下関係・・・

 

 

実際、多くの留学経験者が
日本企業に就職すると失望してしまうことが多いです。

 

 

説明会でグローバル化って言ってたじゃん!

 

 

とツッコミを入れたくなるような、
職場はまだまだ多いのが日本企業の現状です。

 

 

ということは、やはりそのような日本企業に
合うような人材としてみられなければ、

 

内定ももらうことができません。

 

 

どんなに優秀でも面接官に、

 

「こいつ会社に合わなくてすぐ辞めそうだな。」

 

と思われてしまえば、内定はもらうことはできません。

 

 

留学経験者であれば、確かに留学生っぽい
英語が話せて主張が強い!

 

といったような振る舞いは良いアピールポイントには
なりますが、

 

これまでお伝えしてきた、
日本企業の独特の文化に溶け込める!

 

という雰囲気を出すのは大切です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

これまで海外経験アピールを語るうえでの3つのポイント
についてお話ししてきました。

 

 

日系企業はやはり日本独特の文化が
企業内に色濃く残っていますので、

 

そうした面をいかにクリアできるかが、
重要です。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!