就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

一年以上就活してわかった就活ですべきだったことトップ5

一年以上就活して志望業界からようやく内定獲得!今だから言える後悔したすべきだったトップ5

 

私は一年以上就活した結果、

 

こうしておけばよかった・・・

 

なぜあの時あんな選択を・・・・

 

という失敗や後悔したことが
多くありました。

 

 

私の就活絶望体験談を読んでいただければ、
その失敗談や後悔した話を読むことができます。

 

 

就活絶望体験記を読む

 

 

ここでは、そのような私の就活体験で、
失敗したことや後悔したことから学んだ、

 

これだけはすべきことをトップ5としてまとめました。

 

 

トップ5から順番にお伝えしていきます。

 

 

視野を広げてエントリーすればよかった

内定を獲得してから感じたことは、
私は企業のエントリーの仕方に偏りがあったことです。

 

 

メーカーを志望していたので、
メーカー中心にエントリーしていたものの、

 

そのほとんどが、
大企業中心でした。

 

 

特に就活を始めた当初というのは、
ほとんど大企業を中心にエントリーしてしまい、

 

大手の子会社や系列会社でも良い条件の
隠れ優良企業はたくさんあるにも関わらず、

 

大手に絞って就活をしてしまってたのは、
もったいなかったと思います。

 

 

このような大手の子会社は大手よりも早めに
選考が開始されるということも知りませんでした。

 

 

面接を自然にすれば良かった

私は吃音というどもりの症状をもっているので、
そのどもり症をごまかすために、

 

面接が演技のような、パフォーマンスのような
感じになってしまっていました。

 

 

このパフォーマンスの面接方法で、就活の最初の頃は
ある程度結果がでていたので、継続してやっていましたが、

 

就活を続けていくうちにどんどん不自然になっていったと思います。

 

中盤になって、

 

企業の採用担当や、
就活サイトのエージェントにも不自然だと指摘されました。

 

 

よく考えてみれば、面接官は就活生がどのような人物か
ということを知りたいと思っているので、

 

パフォーマンでは面接は通過しません。

 

 

特に最終面接の役員面接はこのような
パフォーマンスを嫌がられる傾向があります。

 

 

選考結果を待つ時に動いておけばよかった

私は選考が終わった後に、その選考内容のことを
思い出して、

 

ああすればよかった・・・

 

こうすればよかった・・・

 

と後悔して、
就活が停滞してしまうことがありました。

 

 

面接の振り返りは面接の対策になるので、
行った方が良いです。

 

 

しかし、面接のことを後悔して落ち込んでしまい、
就活自体が止まってしまうのは最もよくないことです。

 

 

就活を止めてしまうと内定はいつまで経っても
もらうことはできません。

 

 

就活の停滞は就職活動の
長期化を招いてしまいます。

 

 

面接2回の企業を受けておけばよかった

これは就活を経験して気付いたことなので、
後悔していることではないのですが、

 

面接回数の少ない企業を多く受けておけば
よかったです。

 

 

面接回数2回の企業を受けることで、
早い段階で最終面接に行くことができ、

 

最終面接の雰囲気にも慣れることができます。

 

 

就活の最初の方は企業の知名度やブランド名で
エントリーしており、

 

実際の選考フローのことは一切考えていませんでした。

 

 

そのため、面接回数合計5回のような
大手の企業をどんどん受けていましたが、

 

志望度も高くないのに、

 

ただこのような選考が長い企業にエントリーするのは、
結果的に時間を無駄使いしてしまったと思います。

 

 

志望度が高い企業であれば、
選考が長くなってしまっても仕方がないのですが、

 

そうでなければ、我武者羅に大手を
エントリーするというのは、

 

貴重な就活の時間を奪ってしまいます。

 

 

企業にエントリーする際に、
実際の選考を事前に確認すべきでした。

 

 

就活サイトを上手く使っておけばよかった

就職活動ですべきだったナンバー1は、
就活サイト上手く使っておけばよかったということです。

 

 

サポカツではこの件についての記事はよく
書いていますが、

 

リクナビ、マイナビからのエントリーというのは、
本当に倍率が高いです。

 

 

リクナビ、マイナビ以外の就活サイトを使うことによって、
抜け道を見つけることができます。

 

 

特に就活サイトから紹介されるような、
非公開求人というのは、

 

リクナビ、マイナビに求人が掲載されている
企業であっても、

 

選考ステップが通常よりも短い特別フローで
求人紹介されることがあります。

 

 

こんなことを知ると、リクナビ、マイナビ経由の
エントリーで頑張ってきた人にとっては、

 

ウソだろう!!マジで!!

 

と思うでしょう。

 

 

事実、大学での就職説明会では、
ほとんどがリクナビ、マイナビの紹介をしますので、

 

それ以外の就活方法というのはなかなか情報が
入ってこないですよね。

 

 

そう思ってしまうのは、仕方がないです。

 

 

しかし、
就職活動というのは情報戦です。

 

 

就活を有利な状況にもっていくためにも、

 

視野を広めて、情報収集しておくべきだと、
就活で学びました。

 

 

私の就活では、就活サイトの利用で
就活の方法が大きく変わったので、

 

内定獲得に繋がった、
大きなターニングポイントだと思っています。

 

 

まとめ

以上が私が実際に就職活動で感じた
一年以上就活してわかった就活でこれだけはすべきトップ5です。

 

 

どれだけ対策を望んで挑んだとしても、
後悔してしまうことが多いのが就活であると思います。

 

 

しかしながら、自分の希望通りに就職できるように、
少しでも参考になることができれば幸いです。

 

 

ちなみに、後悔したトップに就活サイトの利用をお伝えしましたが、
サポカツではこちらの就活サイトの利用をおすすめしています。

 

 

少しでも良い条件で就活できるように、
上手く就活サイトを使っていくことをおすすめします。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!