就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活マニュアル以外の想定外の質問がきた印象深かった面接

サービス業・営業内定者が語る就活マニュアル以外の想定外の質問がきた印象深かった面接体験談

お名前 T.Yさん
年齢 25歳
性別 男性
職業 サービス業・営業

 

 

就職活動での身構え

就職活動は誰もが体験する自己アピールの場です。

 

 

いま考えれば就職活動は短期間で、
将来を決めるビッグイベントでもあります。

 

 

大学ではセミナーなどを通じて面接対策や、
業界研究などをしているでしょう。

 

 

私も大学生のときには友人や教授方と擬似面接や、
自己アピールの仕方などをしました。

 

 

就活サイトに登録し、
業界研究や、

 

自己研究を行いながら様々な会社にエントリーし、
面接に望みました。

 

 

しかし中には面接練習などでは、
考えていなかった質問がされる場合もあり、

 

緊張してうまく答えられず後悔したものもありました。

 

 

今回はそんな様々な会社で面接を受けた中から、
印象に残っている面接を紹介します。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





集団面接での困った質問

ある会社の面接は集団面接でした。

 

 

私はその会社に就職したかったこともあり、

 

自己アピールの練習や、
擬似面接をして万全の準備をしていきました。

 

 

集団面接が始まると最初は他の会社と同様に、
自己アピールや大学生活で学んだことが中心でした。

 

 

しかし最後に、

 

「この会社の役員が直すべきところはどんなところでしょうか」

 

といった質問をされたのです。

 

戸惑いました。

 

 

大学のセミナーでは、

 

決してマイナスなイメージは面接で言わないように、
練習をしてきましたが、

 

この質問は普通に返せば、
否定するものになってしまいます。

 

 

緊張しすぎてどう返したかは細部まで覚えていませんが、
とても印象に残る質問でした。

 

 

集団面接だったため、
他の方の答えも聞いていましたが、

 

だいたいはまとまっていないというか、
先程の方と同じでとかといった答え方をしていました。

 

 

一番最初にしゃべる方が、
一番悩んで緊張したのではないでしょうか。

 

 

あまりない質問かもしれませんが、
このような面接もあります。

 

 

アットホームな面接

ある会社での面接はアットホームなものでした。

 

 

具体的には集団面接なのですがテーブルがあり、
お菓子や飲み物が用意され、

 

面接官と言って良いのかわかりませんが、
その会社のかたと雑談のように面接するものでした。

 

 

30分ほどだったと思いますが、

 

会社のかたに自己紹介するのではなく、
全員に向かって自己紹介をしました。

 

 

グループディスカッションのような形です。

 

 

しかし、グループディスカッションと違うのは、
みんなで一つの結論を出すわけではないことです。

 

 

大学時代に何をしてたか、

 

この会社で働いたらどんな将来になるか、
質問自体は面接そのものでした。

 

 

しかしこの環境がリラックスできるからか、
話がスムーズにできました。

 

 

緊張もせずにできましたが、

 

逆に飾らない自分を見られているようで、
終わってからドキドキとしました。

 

 

おそらく取り繕ってきた自分ではなく、
本来のその人を見てみたいというその会社の方針なのかもしれません。

 

 

他の会社にはないアットホームな雰囲気が伝わるようで、

 

面接を受けるこちら側からこの会社気になる、
行ってみたいと思うような面接でした。

 

 

私生活まで聞いてくる面接

ある会社の二次面接では、

 

いままでの学業や自己アピールではなく、
私生活に重点を置いた面接でした。

 

 

小さな頃にはどんな子どもだったのか、
親との関係はどんな様子なのかといった質問です。

 

 

正直どこまで話していいのか悩む質問です。

 

 

私は父が高校生のときに亡くなりましたのでどう答えるべきか、
その話をどう話すべきか悩みました。

 

 

なんとかしゃべって繋げましたが、
言葉がまとまっていた自信はありませんでした。

 

 

家族のことを話すのに躊躇してしまったのです。

 

 

なぜか少し恥ずかしい気がしていました。

 

 

自信が持てなかったことと、
大学に来てから独り暮らしを始め、

 

あまり実家や家族と連絡を取り合っていなかったので、

 

なにを話していいのか困ってしまったから、
逆に恥ずかしい気持ちを感じたのかもしれません。

 

 

もしかしたら、
それを誇りをもって話せるかなどを見ていた可能性もあります。

 

 

理由はわかりませんが、
その会社はこの面接をして不採用の通知が届きました。

 

 

面接でこのような質問をすることを否定はしません。

 

 

しかし、困って答えることができず、
印象に残った面接になりました。

 

 

就職活動のときだけいい返答や、
取り繕ってきた返答はできないと思いました。

 

 

やはり日々の暮らしで感じたり、
体験したりすることがあればあるほど、

 

こういった面接では有利にはたらくかもしれません。

 

 

最後に就職活動を乗り切るために

就職活動を乗り切るには、
よほどのコネがある場合を除いて面接は避けて通れません。

 

 

会社はその社風と言うべき伝統を重視し、
それにあう学生を欲しがります。

 

 

会社ごとに面接は全く違います。

 

 

オーソドックスに終わるところのほうが実際は少ないかもしれません。

 

 

面接対策するときに、
本や質問想定例文などを参考にするのもよいでしょう。

 

 

しかし、後悔しない面接をするためには、
ありとあらゆる面接に備えることが大事だと思います。

 

 

就職活動を終わってから面接を思い返していくと、
その会社が求めているものがなんとなく見えてきます。

 

 

面接のやり方や雰囲気でもその会社の社風が見えてきます。

 

 

就職活動中は自分の内定を獲得することで精一杯になりがちですが、
いまの日本の社会から考えれば正社員なら定年まで多くの人が働くでしょう。

 

 

その一生を捧げる会社を短期間で見つけるので、
面接も逆手にとってその会社の社風を読み取り、

 

本当に行きたい会社か、
選択する一つの手段にするのがいいと思います。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!