就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活で悩みが加速したら、気分転換に誰かに話を聞いてもらうこと。ストレスを解消してリフレッシュすることが大切。

  • お名前:たけし君
  • 年齢:44歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員(営業職)
  • 出身大学:N大学
  • 学部:文学部
  • 内定をもらった企業名:トヨタ系自動車販売会社
  • 内定先の職種:新車販売営業職

 

就職活動は戦いだ

就職活動は自分との闘い。採用内定を勝ち取るまでは一瞬たりとも気が抜けない。

 

 

日々戦いであり、その中で自分自身を発見して行く切っ掛けも掴めるかもしれない。

 

 

しかし、そんな良い事ばかりでもない。実際は、(早く希望の会社に決まれば良いが)辛く苦しいのが現実。

 

 

長期化すればする程、ストレスも疲れも溜まってきます。

 

 

こまめにガス抜きする事で、いつも新鮮な気持ちで就活に臨むことが出来ると言うもの。

 

 

そうすれば、良い結果も自然に出るはずです。

 

 

体を動かし、汗をかく 

就職活動では、セミナー参加、面接、テスト等、移動も含めて体と頭の疲労が蓄積します。

 

 

緊張を伴う場面では、その後、どっと疲れが出るものです。

 

 

回数が増えて行き、活動が長期化すればする程、疲労の蓄積やストレス度が増します。

 

 

脳すとれす・疲労とも言えますが。

 

 

そんな時には、休息をとるのが一番。

 

 

でも、どうやって?

 

 

と思いますが、面接の時にかく汗とは違う爽やかな汗をかけば、ストレスも発散できます。

 

 

方法はシンプル。

 

 

温泉に浸かるも良し、友達とスポーツで汗を流すのも良い。

 

 

好きなアーチストのライブを見に行って大声で叫ぶのもストレス発散には効果大なのです。

 

 

今記した事は動いて汗をかく事ですが、そこからが大事で、適度な疲労が出たらリラックスの為に、しっかり休む。

 

 

マッサージを受けるとか、ティーブレイクを作るとか。

 

 

女性ならアロマでも良いでしょう。

 

 

兎も角「忘れてしっかり休む」事で英気を養うのが一番の気分転換になりますね。勿論、小旅行として出かけるのも良いですね。

 

 

私個人の経験としては、ペットと遊び実家でリラックスする事と、美味しい食事を楽しむ。

 

 

一家団欒のひと時を過ごすとか、好きな音楽を聞きまくる。

 

 

楽器の演奏(ドラム)や余り好きではない普段観るカテゴリーとは真逆のジャンルの映画を鑑賞する等して、ああ、こんなのも有るのだな。

 

 

と新鮮味を感じられる様に努力します。

 

 

脳みそも「筋肉」ですから、柔軟性を持たせるために、敢えて緩い刺激を与えるようにします。緊張と弛緩。

 

 

誰かに話し、聞いてもらう

身体を動かして、適度な疲労感と共にゆっくり休む事を第一とした上で、しかし、ふとした瞬間に就職活動の事が頭を過るのです。

 

 

疲労は抜けたけれど、頭の中にこびりついているのです。

 

 

「まだ行き先が決まっていない」と。

 

 

そうなると、体の元気は回復した。

 

 

しかし、頭の中が整理されていません。

 

 

つまり、根本的な悩みの解消が出来ていないのです。

 

 

就職活動が長期化して行くと、悩みも不安も倍加して行きます。

 

 

その上で、こまめにガス抜きすれば良いと言う問題でもありません。では、どうするか。

 

 

つまり、悩みを解消するようにしなければなりません。

 

 

その悩みがどういうものなのかを探った上で、就職活動に関する不安であるなら、同僚やOB・OGに話を聞いてもらう。

 

 

もっと言えば、就職に関する事以外の他愛のない話をすれば良いかなと思うのです。

 

 

とかく、そればかりに終始してしまうと、煮詰まってしまうので、他愛のない話をする。

 

 

もしくは、話を聞いてもらう。そうしてカウンセリングをしてもらうのが問題解決になるのです。

 

 

飲み会を通じてでも良いし、同じ地域の同級生に(出来れば仕事をしている同朋)雑多な話をする。

 

 

そんな事も解決方法としてはありだと思います。共通の悩みを打ち明ける。

 

 

それがシンプルな解決法なのでしょう。それ以上の深い悩みは専門家の支援を受けるのが適切かと思います。

 

 

新鮮な刺激を与える

身体と脳みそがリラックス出来たら、次は新しい刺激を入れてあげるというメソッドが重要かと思います。

 

 

以外に、就職活動が煮詰まってくると視野狭窄に陥り、思考が堂々巡りする事で、ストレスが溜まりやすい。

 

 

同じ刺激を何度も受けてメリハリがない状態に陥ります。

 

 

そこで提案したいのが、様々、自分の趣味的な領域の事で構いませんが、普段の切り口とは違う方法でこなしてみると言うやり方です。

 

 

簡単ですが、例えば、推理小説が好きな人が恋愛ものを読むのはあまり好まないとすると、あえて、嫌いな分野、普段立ち入らないジャンルの読書をするとか、勉強をしてみると、また違った側面の刺激が得られ、新鮮味が得られると思うのです。

 

 

専門的に言えば、思考・嗜好の偏りを取ってあげる。

 

 

バランス良く物事を考える事が出来、柔軟な対応が出来る様になり、同時に自己研鑽にもなる。「おお、意外と新鮮な発見があった。」となれば良い刺激が入ります。

 

 

リフレッシュが出来るのです。

 

 

ある種のメンタルトレーニングに近い「強化」も可能ではないかと思うのです。気を付けたいのは、四方八方に手を出さない事です。収拾がつかなくなってしまうからです。

 

 

なので、自分の趣味ややりたい事の延長線上の違う切り口で行う事をお勧めします。

 

 

新鮮な刺激を新たに加える事で、パワーアップするのです。

 

 

まとめ

ストレスと疲労の関係は非常に深い物があります。

 

 

一見して無関係の出来事でも、人によってはストレスになる事があるのです。

 

 

大好きな彼女と会う事も「ストレス」となる場合もあるので、人によってストレスや不安の程度は個人差があるのです。

 

 

ですから、体を動かす事が負担だと思う人にk無理に運動で汗を流せ。

 

 

とは中々言い辛いですね。

 

 

そうした見極めも必要になるし、発散しすぎて疲れ切って本業に気が回らないとなるとそれも問題だし、路線から外れてしまう事になります。本末転倒。

 

 

人に合ったストレス発散方法は、十人十色なので、色々試す。これもストレス発散には重要な事だと思います。

 

 

あくまでも「リフレッシュ」する事がメインです。お間違えない様におねがいします。

 

 

最後に、就活の悩みを誰かに聞いてもらうなら、就職就職エージェントがおすすめです。

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!